女優

常盤貴子の全盛期が美人過ぎてやばい!ヌーディ、結婚、夫、2019年主演ドラマまとめ

更新日:

Pocket

数々のドラマ主演をされてきて、女優一本で堅実に人気を獲得してきた常盤貴子さん。
特に90年代は出演するドラマは軒並みヒットして、常盤さんは毎週のようにテレビで見ることができましたが、2000年代以降になって、見る機会が減ってきました

2009年にはご結婚もされましたが、家族構成などきになりますね

この記事では

  • 現在の夫と家族
  • 2019年民法ドラマ決定
  • 常盤貴子さんの現在と過去の姿
  • 常盤貴子さんのプロフィール・経歴
  • ヌーディと言われている理由

をまとめていきます。

スポンサードリンク

現在の夫と家族

2009年常盤貴子さんが37歳の時に、現在の夫で、劇作家、演出家、俳優である3歳年下の『長塚圭史』さんとご結婚されました。

生年月日:1975年5月9日

身長:181cm

職業:劇作家、演出家、俳優、ナレーター

著名な家族:長塚京三(父)

事務所:鈍牛倶楽部

 

 

 

その時の結婚の記事がこちらです。

女優の常盤貴子(37)が人気劇作家で俳優、演出家としても活躍する長塚圭史(34)と(2009年)10月20日、結婚した。

常盤の所属事務所が同日夕、マスコミにファクスを送って発表した。2人は「これからは2人、魂をしっかりと結び、ゆっくりじっくりと歩んで参ります」と喜びのコメント。

鳩山由紀夫首相もファンを公言するなど、美人女優の誉れ高い常盤が最良の伴侶を得た。

って当初は鳩山首相だったんですね。。って2009年はあの恐ろしい政権交代の幕開けの年でした、、笑
あの政権交代はもはやコミック政権交代以外の何物でもないですね。。

そんな二人の馴れ初めを見ていきます

長塚圭史さんと常盤貴子さんの馴れ初めは!?

2人は03年公開の映画「ゲロッパ!」で初共演舞台ファンだった常盤は、若者に絶大な人気を誇る演劇集団「阿佐ケ谷スパイダース」を主宰する長塚と意気投合し、交際に発展した。

交際は03年からスタートで、交際期間は実に6年半とのことで、そこそこ長い交際であったんですね。
常盤さんのような女優さんは、何となく20代で結婚されているイメージがありますが、遅めの結婚で意外ですよね。
しかし長めの交際からのご結婚は、お二人の愛が真面目に堅実に積み重ねられたということですねこのあたりは常盤さんのイメージ通りではあります

大きな転機が訪れたのは昨年(2008年)秋。常盤はNHK大河ドラマ「天地人」で主人公、直江兼続の妻でヒロインの「お船の方」に起用され、1年間の長期撮影に入った。一方で長塚は文化庁が若手芸術家を海外に派遣する「芸術家在外研修制度」で英国へ演劇留学。東京とロンドンの約1万キロの“超遠距離恋愛”になったが、それぞれが飛躍を遂げ「結婚」というゴールを選んだ。またこの間、常盤は多忙なスケジュールを縫って何度か渡英し、長塚をサポートしてきたという。

この時点ではもはや交際は5年もう結婚は恐らく間違いなかったタイミングなのでしょう。
普通は彼が海外留学に行くとかちょっと不安ですよね。。そんな不安もあったかもしれませんが、それを乗り切ってのご結婚は素敵ですね!

子供はいるのか!?

常盤貴子さんですが、ご結婚されたのは実に37歳の頃

子供を生むのであれば、それほど早いご結婚ではないですが、子供はいるのでしょうか!?

調べたところ、子供はいないで間違いなさそうです

子供がいない理由としてはこんなことが言われていました。

子供がいない理由について「旦那の不倫騒動」が原因とも言われています。この報道で「妊活をしなくなった」「タイミングを逃した」などと噂されていた。

離婚・別居報道も流れましたが、2017年に常盤貴子さんが「徹子の部屋」に出演し、夫婦仲は円満だと話していた

なんと旦那さんは、2012年に浮気報道されたことがありました。

こんな美人な奥さんを貰っておいて信じられないですね。そのときのスクープ写真がこちらです。

女優・歌手の真木よう子さんですね

結婚僅か3年後のこと。そんな新婚にも近い状態での浮気は、将来が大変心配ですね。。

それでも円満と語る常盤さんの本心はどうなのか。。

 

2018年11月、19年ぶりの民法連ドラ主演が決定!!

女優の常盤貴子(46)が19年ぶりにTBSの看板ドラマに座長復帰する。来年1月期クールの日曜劇場枠。美容師役のキムタクと車椅子の図書館司書との純愛を描き、最高視聴率41%超をマークした「ビューティフルライフ」(2000年)以来の登板である。

ここ数年は単発ドラマや映画、舞台、ナレーションをメインにマイペースにキャリアを形成してきた常盤久々の連ドラ主演に「やる気に燃えています」と意欲を見せている。

ドラマ批評家のこうたきてつや氏は、「いまさら感が漂う中山美穂(48)や鈴木保奈美(52)とは異なり、年齢をも超越した実力を発揮してほしい。『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で年齢を超えた若々しさで視聴者の目を奪った石田ゆり子(49)、『半分、青い。』(NHK)で控えめな落ち着きを醸した松雪泰子(45)ともまた違った中年世代の魅力を見せてもらいたいですね」とエールを送る。

夫の不祥事が原因で、16年ぶりに主婦から弁護士に復帰する役に挑む常盤。織田裕二の「スーツ」以上にハードルは高いが、乗り越えられるか。

19年ぶりとは言え、あれほど大ヒットドラマのヒロインを演じてきた常盤さんへの期待値はとても高いですね
もう年齢としてはそれなりに重ねてきてしまっているので、昔と同じようにはいかない部分が多々ありそうですが、国民の大きな期待というプレッシャーをはねのけ、再ブレイクを果たして欲しいですね

常盤さんは2012年に旦那さんに浮気され、子供を作る意欲をなくしてしまっていそうなので、これを気にまた女優業を生きがいに活躍していって欲しいですね★

常盤貴子さんの現在と過去の姿

常盤貴子さんはくっきりとした顔立ちで、端麗な容姿で男性ファンを始め、女性ファンもたくさんいらっしゃいました
2018年は19年ぶりの民法連ドラが決まりましたが、現在と過去ではどのような見た目の変化があったか気になるところですよね
過去の常盤さんの画像から現在まで少しづつですが見ていきましょう

●1993年『悪魔のKISS』

●1998年『タブロイド』

スポンサードリンク

●2000年『ビューティフルライフ』

●2003年『ゲロッパ!』

●2008年『眉山』

●20013年『ゆりちかへママから伝言』

●2015年『ビューティフル・スロー・ライフ』

●2017年『やすらぎの郷』

どうでしょうか。昔の常盤さんは本当にいろんな人を引き付ける不思議な魅力がありましたよね
ビューティフルライフは是非ともまた見てみたいものです

常盤貴子(ときわたかこ)さんのプロフィール・学歴・経歴

  • 生年月日 : 1972年4月30日
  • 出生地 : 神奈川県
  • 身長/血液型 : 162cm/A型
  • 職業 : 女優
  • ジャンル : 映画、テレビドラマ、舞台
  • 活動期間 : 1991年 -
  • 配偶者 : 長塚圭史(2009年 - )
  • 著名な家族 : 長塚京三(義父)
  • 事務所 : スターダストプロモーション

常盤さんは2009年に長塚圭史さんとご結婚されました

ご結婚後は特に女優としてのテレビ出演は見る事少なくなりましたね。ファンとしては少し寂しいように思いますが、2019年の主演ドラマが決まったことで、ファン待望の連続ドラマ出演となりました。

今までの経歴はどんな感じであったか見て生きましょう。

学歴・経歴

横浜に生まれたが、父親の仕事の都合により小学校4年になってから兵庫県西宮市へ転居。同地では高校1年まで過ごし、その後関東に戻って高校を卒業。

  • 1991年 夏、芸能事務所、株式会社スターダストプロモーションを自ら訪ね、同事務所に所属した。常盤は初め、原宿の歩行者天国で路上ライブの司会をするなど、下積み生活が続いた。年末にTBS系SPドラマ 『イブは初恋のように』で女優デビューをしたのち、ドラマの脇役やCMの仕事が入るものの、なかなか芽が出なかった。
  • 1993年 フジテレビ系ドラマ 『悪魔のKISS』で、カード地獄に落ち借金苦から風俗嬢に転落する女子大生役を演じる。バストトップを露わにした体当たりの演技を見せる
  • 1995年 夏のTBS系ドラマ『愛していると言ってくれ』では、耳が不自由な青年画家(演:豊川悦司)の恋人役を演じ、ドラマは大ヒットした
  • 2000年 冬に主演したTBS系ドラマ『ビューティフルライフ』は30%を超える平均視聴率(最高視聴率41.3%)を獲得し、「車椅子 常盤貴子モデル」も登場した。
  • 2003年 秋にテレビ朝日開局45周年記念ドラマ『流転の王妃・最後の皇弟』で主演の愛新覚羅浩を演じ、第2部では視聴率25%(関東地区)を獲得した。
  • 2005年 春にKERA・MAP『砂の上の植物群』で舞台初出演。
  • 2009年 10月20日、劇作家・演出家・俳優の長塚圭史と結婚長塚とは映画『ゲロッパ!』で共演したのを機に6年半交際を続けていた。そのため長塚京三は義父にあたる。
  • 2015年 1月21日に「なかにし礼と12人の女優たち」(日本コロムビア)で歌手デビューした

常盤貴子さんは実にたくさんの経歴・経験をお持ちで、主要どころをピックアップしました。
なかでも特筆すべきは

  • 1995年 ドラマ『愛していると言ってくれ』
  • 2000年 ドラマ『ビューティフルライフ』
  • 2009年 長塚圭史さんとの結婚

ですよね!
『愛していると言ってくれ』では、聴覚障害ともと豊川さん演じる榊晃次と、女優の卵である常盤さんが演じる水野紘子の恋愛ストーリーが視聴率28.1%を記録する大ヒットドラマとなりました。
これで常盤貴子さんの知名度が抜群に上がった、というか有名女優にさせたきっかけのドラマでした。
当初23歳の常盤貴子さんはとても綺麗で、子供ながらにドキッとした記憶があります。

⇒共演の豊川悦司さんの記事はこちら!

 

2000年の『ビューティフルライフ』は、個人的には愛していると言ってくれ以上の名作であったと記憶しています。
美容師の沖島柊二演じる木村拓哉さんと、車椅子生活の図書館司書の町田杏子演じる常盤さんおラブストーリー。
最終回に、木村さんが常盤さんに化粧を施すシーンは、記憶が薄れた最近ですら、思い出すと涙が流れます
このドラマは最高視聴率がなんと41.3パーセントで、知らない人は恥ずかしいくらいのドラマでした。

ヌーディと言われている理由

ネットでは、常盤貴子さんと言えばヌーディー。。というフレーズが目につきます

このフレーズが残る理由としては、、あまり大きい声では言えない常盤貴子さんの名作は1993年の『悪魔のKISS』というドラマ

今の時代となっては考えられない、トップを見せた濡れ場シーンがありました。ましてや直後に大ブレイクする大物女優のこのシーンは大変波紋を呼びました。常盤さんも覚悟を決めたでしょう。
今でもネットではその画像が出てきますので、興味がある方はググってみてください。

当初はインターネットも流通していない時代。恐らくこんな時代にネットでいつでも当時の映像が見られてしまうことなんて考えもしなかったことだと思います
インターネットとは残酷ですね。。。

常盤貴子の全盛期、結婚、夫、2018年主演ドラマまとめ

今回は常盤貴子さんについてまとめてきました。
昔の常盤さんをまとめていると、昔の自分も思い出し、懐かしい気持ちになりました。
1990年代は古き良き時代ですね!!

まとめ記事のまとめとしては

  • 現在の夫と家族
  • 2019年に主演ドラマ復帰は期待大!!
  • 常盤貴子さんの昔はめちゃくちゃ美人、今も美人。
  • ヌーディとは、過去の濡れ場出演シーンが由来

今回は以上となります。
最後までご覧いただきましてありがとうございました!

他にも記事を準備していますので、どうぞご覧になってごゆっくりして行ってください!

スポンサードリンク

■婚活もリーズナブルに。男性2000円~女性0円~の出会い■

-女優
-, , , , , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 芸能人の嫁/夫/子供/現在 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.